イメージ画像

今後も益々拡大するこの業界の市場規模

業界の急成長

日本の市場規模の拡大に伴ってサプリメントを飲んでいる方は結構多いのです。 最近では人だけではなく犬も飲んでいます。 ペット用のサプリメントも販売されているからですが、これは主に犬猫用のものが販売されているのですが、もちろん健康を増進するための目的で利用します。 大体の栄養はドッグフードから補給することができます。 病気になってしまった場合や高齢の犬や子犬などで特別な栄養が必要になった場合には、これはやはりドッグフードだけでは、どうしても栄養が補給できないのです。 そのためにサプリメントを飲みます。 これは動物病院から販売されているものもありますし、これが動物病院側から勧められることも少なくありません。 ちなみにどのような動物補助食品が販売されているのでしょうか。 まずカルシウムを補給するものがありますが、結局これは人間用でも販売されているのですが、これが既存の市場規模が増えているペットの場合でもヘルニアの予防のためなどに利用する方もいらっしゃいます。 他にもこれがダイエット目的のものもあるのです。

掛けるお金の額が市場規模に反映

高額な商品

実は最近ではペットの肥満が市場規模だけでなく問題になっています。 これは人間がおやつを与え過ぎたり運動不足にさせてしまっているのが、一番の原因なのですが体質的に太りやすい犬もいます。 この場合ドッグフードを減らすのがいいのですが、それをすると可愛そうだからということで温情から与える方も多いのです。 あと他には皮膚のケアのために利用する方もいらっしゃいます。 室内で飼っている猫の場合でも皮膚病になることもあります。 通常はサプリメントを飲むことによってペットの皮膚の健全にできるので人気なのです。 他にもストレスを解消するためのものもあります。 これは人間と違い犬の場合はストレスが溜まりますと攻撃的になったり無駄吠えをしたり家具を噛むなどあらゆる問題を引き起こしてしまうのです。 その反面で、こういったストレスケアをすることによって性格が穏やかになり、飼い主とペットが楽しく穏やかに暮らすことができるのです。 そして妊娠している母犬のための栄養素を補給してくれるものもあり、妊娠中の問題を抑制してくれます。 このようにあらゆるものが今では市場規模も広く販売されているのです。 しかし動物用と人間用とはどのような違いがあるのでしょうか。

少子高齢化の影響が市場規模に繋がる

高齢化の波がここにも

実は成分的なものは市場規模でもそう変わらないのですが、動物の場合は人間のように錠剤を水と一緒に飲み込む事ができませんので飲みやすいように設計されているのです。 粉末タイプもありますが、これはフードの中に入れて一緒に与えます。 薬ではありませんので嫌がって食べ無いということはありません。 本当においしそうなにおいをつけているものもあります。 他にも固形タイプのものもあるのですが、おやつのように楽しみながら食べられるようになっているのです。 ペット向けには液体タイプもあり、これはなかなかサプリメントを食べてくれない犬や猫には適しています。 フードの中ではなく水の中に入れて騙して飲ませることも可能です。 これらは動物病院のほうからでも買うことができますが、あまり動物病院に行かない方でしたら獣医さんのサイトの方から買うこともできます。 他にもドッグフードなども一緒に販売していますので一定額の買いものをして送料を無料にすることも可能です。 犬や猫によっては全く口にしてくれないこともありますが、その時のためにお試しサイズのものも販売していますので不安な場合にはこちらを買うのもオススメです。 これならもしも口に合わなかったとしても、実際はあまり損をしません。 あくまでもこれは健康を維持するためのものですので薬のような効果がありません。 結果的には、その分副作用などもありませんので薬を普段飲んでいる動物にも与えられます。 動物用とは言えどかなりの数が販売されていますので迷うところですが、ここでは市場規模以上にもしも不安でしたらどのようなものがいいのか病院に聞くことをおすすめします。

このページの先頭へ